ガジェット

Eufy Genieをレビュー。Alexa搭載スマートスピーカーがAnkerから発売

どもどもKitarouと申します。

今回は以前より話題になってたAnkerブランドのスマートスピーカー「Eufy Genie」を紹介していきます。Google ChromeやCLOVA WAVEがすでに家電量販店で販売されている一方、AmazonではAMAZON Echoが話題を呼んでおりました。

Alexa搭載だったり、純正品より2割安、今なら割引で購入可能などポイントたくさんありますので以下紹介していきます!

では行ってみようっ!

Eufy Genieとは?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/2017/electronics/other/eufy_title2._CB491301217_.jpg

*amazon.co.jp より

Eufy GenieとはAnker社より発売されているスマートスピーカーです。「Eufy」はAnkerの家電ホームブランドとなっており、他にもロボット掃除機や電球などが出されています。

価格は4,980円とAmazon Echoより安価になってます。またEchoやGoogle Homeのようにハイエンドモデルなどランクが分かれていません。Eufy Genieの一択のみになります。

価格 4,980円
重量 258グラム
サイズ 約90 x 90 x 48.5mm
AI Alexa搭載
消費電力 2W
Air Play 対応
USB Micro-USB充電ポート
外部接続 3.5mmのAUX接続端子
保証 18か月の保証
電源 電源アダプター付属
サイト amazon.co.jpで見る

特徴はAlexa対応にもかかわらず、Amazon echo dotの5,980円より1,000円も割安です。また電力源はMicro-USBのためPCのような専用の充電器を使わなくても使用が可能ということです。

他社製品と比較

ではEufy Genieのなスペックや値段について、Amazon Echo DotとGoogle Home Miniと比べてみましょう。

Eufy Genie  Echo Dot Google Home Mini
価格 4,980円 5,980円 6,480円
音声AI  Alexa  Alexa Googleアシスタント
Airplay × ×
Bluetooth ×
出力端子 3.5mm AUX 3.5mm AUX ×

値段はEufy Genieの勝ち。BluetoothについてはEcho DotとGoogle Home Miniが対応しているのに、Eufyだけが非対応。これについては値段が安い分、どちらを取りたいかという考えになってくると思います。

一方、この中でEufyのみ対応しているのがAirplay。アップルユーザーには簡単操作でEufyをスピーカーとしても使用できます。

開封の儀

化粧箱

f:id:xyzkitazyx:20180114114842j:plain

2017/12/21からAmazonで予約スタートして、3週間ほど招待メールがくるまで時間がかかりました。

忘れた頃に招待メールが来たのでその瞬間は嬉しかったです。

内容物

f:id:xyzkitazyx:20180114115353j:plain

内容物になります。非常にシンプルになっています。

  • スピーカー本体
  • 充電器
  • オーディオケーブル
  • 保証書
  • 説明書

説明書は日本語と英語で書いてあるので基本的には問題ありません。ただケーブルの挿し方やとアプリのDL、そしてWi-FIの接続方法までしか載ってないのでAlexaの使い方などは自分で調べる必要があります。

本体:外観とボタン

f:id:xyzkitazyx:20180114115826j:plain黒くてサイズ感が小さいのがお気に入りです。置き場所に困らないので持ち運びにも便利です。作業場、リビング、キッチン、寝室、好きなところに置いておけます。

f:id:xyzkitazyx:20180114115938j:plain

右が電源ボタン、左はマイクのミュートボタン、上と下に音量のボタンがあります。タッチで反応するタイプでありません。ポチっと押してやる必要があります。

f:id:xyzkitazyx:20180114120100j:plain

本体の背面に電源ポートとオーディオポートがあります。付属のオーディオケーブルで外部スピーカーへの接続が可能です。

残念ながらEchoと違ってBluetoothは非対応です。その代わりにAirplay対応なのでワイヤレスで音楽再生が可能です!

大きさ

f:id:xyzkitazyx:20180114120943j:plain

大きさを比較してみました。100円玉よりはもちろん大きいですが、iPhone 5sと似たような感じだと思いました。

セットアップ

では本体を起動させていきます。まずは説明書に書いてある通り、本体を電源に挿してWi-Fiに接続します。アプリをDLする必要があるのであらかじめスマホに入れておくと便利です。

あと、Alexaの「スキル」と言われるニュース機能や、地図機能の設定はAlexaもDLが必要です。

たしかにこのあたりは純正と違って2つのアプリをDLしないといけないので手間かもしれません。

接続~アプリ設定

まずは本体に電源を入れます。

すると本体の円の部分がオレンジに光ります

そしたら「Eufy Home」のアプリを起動します。

f:id:xyzkitazyx:20180114134436p:plain

僕の場合、Android端末から設定しております。

ただこのEufy Homeの使用にはアカウントを登録しないといけないので作ってからログイン→端末の登録となってきます。

f:id:xyzkitazyx:20180114134612p:plain

端末の登録が完了するとAlexaへのログイン画面に移ります。Amazonのアカウントを使えば連動できます。

しかし、基本機能しかEufy Genieは対応しておらず、現在地情報や「スキル」を設定しようと思うとAlexaアプリもダウンロード必要です。

スキルとは?

f:id:xyzkitazyx:20180114135132j:plain

カンタンに説明しておきます。Alexaは接続時に「天気予報」や「道案内」、「ショッピング」など基本機能はそろっています。

一方、Alexanには拡張機能が付いていて、たとえば「仮想通貨チャートおしえて!」とか、「東京のおいしいもの」と調べたいときには、特定の情報を聞き出せるスキルを選ぶことができます。

既に100種類以上はあると思うので自分に合ったスキルを探してみるといいと思います。

使用した感想

YouTubeに動画上げたので実際の使用感を見てみたい方は参考ください。

youtu.be

音声アシスタント

  • 「Alexa」と呼ぶことがスイッチ
  • 音質は並のスピーカーくらい
  • 聞き取り反応はそこそこ良い
  • Alexaがそのまま利用可能
  • 利用してない時はスリープモード

「Alexa」と呼ぶことがスイッチとなります。使ってないときは電源に挿している限りスリープモードです。呼びかけてからの反応も悪くないので待ち時間もそれほど長くないです。

ただ、「アレクサ!X-Japan」と言っても最初は反応してくれなかったのでこれから覚えてくれることを期待してます。こういう時にUnlimitedがかなりはかどります。

▼Music Unlimitedが得すぎる

特定の曲や幅広い楽曲が聞きたいなら「Amazon Music Unlimited」に登録した方が音楽好きには良いと思います。会員なら月額780円から聞き放題です。こういった音楽サービスって外で使う目的が主でデータ量の関係とかもみて渋ってたけど、家で音楽聞き放題って意味なら全然アリだと思いました。

サイト:Amazon.co.jp: Amazon Music Unlimited

ショッピングができる

アレクサではショッピングもできるのですが、この機能はEufy Genieでもできます。「アレクサ、買い物!」って呼んであげると何を探しているか聞いてくれます。

「アレクサ、コーラかって」と言えば家にコーラが届きます。

正直この機能の利便性はまだ見いだせてないです。

目の不自由な方にとっては自分で注文ができるのでとても便利だと思います!ただ私生活においては目で見て買い物をした方が確実だと思うのでしばらくはアレクサショッピングは保留です。

Spotify連携について

Eufy GenieのアピールとしてSpotifyとの連携と記載されてます。こちらアレクサの「スキル」から連携させて使用しますが現在Spotifyのスキルはアレクサで設定できません。

そのためEufy GenieでもSpotify連携はできないので注意が必要です。

ただスキルは他にもたくさんあるので銀行口座、ぐるなび、仮想通貨、音声ゲームなど面白いものがあります。今後もっとおススメ「スキル」100選とかでてきそうですね!

モバイルバッテリーに挿して使えば持ち運び可

EchoのハイエンドやGoogle Homeなどは専用充電器が必要だと思います。でもEufy はUSB接続なので離れて使いたい場合はモバイルバッテリーにつなげて使うことができます。ベッド横や、外出先、旅行のお供にも連れていくことが可能です。

小さい、持ち運べる!という点ではEufy Genieは一番使い勝手がいいAIスピーカーかもしれません。

まとめ

スマートスピーカー購入を検討している人にぜひおすすめできます。使い勝手と値段が圧倒的に手に取りやすいスマートスピーカーです。Alexa対応モデルだったら現在最安だと思います。

ただせっかくEufy Home内でAlexaへのログインまでできるようにしたのでスキルも1つのアプリ内で設定できるようになれば完璧だと思いました。

値段:◎(4,980円は安い!)

持ち運び:◎(小さい!)

使いやすさ:◎

音質:〇(小さくても音質・音量良い)

設定:△(2つのアプリ必要)

電源:△内蔵バッテリーは無し

招待制:×(3週間待った)

特にこれはダメって部分は招待制以外なかったです。後はSpotifyの記載だけ修正してもらえればかいいですかね?また上述してますがBluetoothはついていませんね。その代わりにAirplayといってWifi経由で音楽が流せます。Bluetoothよりも安定して音楽が楽しめると思います。

あと欲を言えば、バッテリー内蔵にてしてくれると持ち運びがもっと便利になると思います。

では終わり

おまけ

サイト:Amazon.co.jp: Amazon Prime

こちらの記事も一緒に!

ポメパンをSNSでシェアする!

ポメパンではガジェットや男性用の日用品、電子タバコや仕事論や転職まで幅広い記事を書いてます。読んでいただいた記事をSNS等でシェアいただけると今後の活動の励みになります。

ポメパンをTwitterでシェア