仕事&ライフハック

新入社員が気を付けるべき学校で教えてくれない3つの教訓

どもどもKitarouと申します。
4月は入学式や入社式など新生活が始まるイベントとしてめでたい月ですね。

特にこの記事を読んでいただいている人のほとんどは社会人か新社会人だと思います。

高卒、大卒、専門卒、様々な経歴ありますが社会に入りたての我々は良くも悪くも平等の扱いをされるようになります。

会社で仕事を頑張ることも大事だし、社外で交流を深めるのも充実した生活を送るのに重要です。

今回はそんな充実な生活を送るために社会人4年目になった僕が思った、新入社員(または若手社員)のうちに「ココは覚えておいてほしい!」ってポイントを大きく3つの項目でまとめました。

もしこれから新社会人の生活に何となく目標が欲しい人、何して言ったらいいかわからない人の参考になれば嬉しいです。

では行ってみようっ!

1.自分が会社に合ってるか見極める

会社に入ると闇雲に頑張りたいという気持ちがあると思います。もちろん素晴らしいことでできるだけ継続していきたいことです。
ただその会社(または業務)が自分に合っているものかは実際に実務を始めないとわかりません。
その時に大事にしてほしいのが自分の考えが次の2つのどちらかに入るかです。

  1. その会社が自分に合っていると思う
  2. なんか会社(または人間関係)が変だと思う

これを自分で早いうちから見極められれば次の行動や選択が早くなります。これは僕自身なかなか気づくことができないでモヤモヤした2年を入社以来過ごしてきてすごく無駄だったと思ってます。

なので僕みたいに後で後悔せずに常に自分が最適だと思える選択肢を読者の皆さんには選び続けてほしいです。

その会社が合っていると思う

だいたい大手企業と言われるところや有名どころに入社をすれば2週間~1ヵ月もすれば各自の持ち場に配属されます。場所によってから持ち場でOJT(先輩に教えてもらいながら進める)やいきなり仕事を与えられたりと働き方は様々です。

その与えられた仕事・人間関係にある程度「やりがい」や「負けてられるか」と思える人はその仕事に合っていると思います。そのような人はぜひ自分に与えられた課題を1つずつクリアして少しずつでも会社に認められるように精進すべきです。

ただし入社したての頃はどうしても学生時代からの考えと仕事の進め方などに違いが生まれてきます。その中で理不尽や不満を感じることもあるけどそれを乗り越えて会社にどうしたら自分を認めさせる成果を提示できるか考えます。

  1. 理不尽とか不満があるけど頑張る
  2. 一度認められれば勝ち(社内で立場ができる)

なんか会社の雰囲気が変だと思う

一方で、もし会社の仕事の進め方や人間関係に理不尽さや不満さ、さらにそもそも会社って雰囲気が「変」だと思う人も出てくると思います。それは単純に「このまま毎日起こられ続けて決まった給料もらうだけの40年が続くのか」ってことや漠然に「自分ってこのままでいいんだろうか」って思う人です。

この感覚自体は間違っていなくて、この先自分がどうしたいか、何をしたいかというものが会社になかった(または現時点で見つかってない)ということです。この考え方を持っている人は会社での社会人生活に適合しているとは言い切れず、多分何かしら別に行動をしたい人だと思います。

それは本当に大事なことで自分がどういう道に進みたいかを見極める絶好のチャンスです。転職活動で自分にもっと適した職を探すのもOKだし、副業で会社でお給料をもらいながら自分のやりたいことを平行してもいいし、お金から離れて最大の趣味を探すこともOKです。

  • 会社が「変」と思う感覚は間違ってない
  • 自分の目指す人生を見極めるチャンス
  • 転職、副業、趣味を探してみる

ちなみに僕の場合は会社だけじゃ何か足りないと思って、ブログ活動を始めてみたらめちゃくちゃ生活が充実しました!例えば、YouTubeみたいに広告費でちょっとしたお小遣いをもらったり、活動を通して同じブロガーさんやライターさんと交流できる場ができたらからです。

2.社外での交流は視野を広げるために大事

では会社に合っていると思う人も、そうでない人も1年365日24時間ずっと会社にいることはできないし、それを求められればストレスになると思います。その時にリラックスや気分転換の場所の1つが社外です。

社外の活動という意味では例えば、合コン、街コン、異業種交流会、Meet Up、オフ会などいろいろ選択肢はあると思います。

もし出会いが欲しいならコンパに行ったり知り合いの紹介等で遊び仲間を見つけたり、共通の趣味を持つ人を探しても良いと思います。特にMeet Upなら国際交流や、スポーツなどテーマをもった交流が多いので参加しやすいかもしれません。

もし、他業種の意見が効きたいなら異業種交流会などに行ってみるのが良いと思いますがこれには注意も必要です。その理由は後で説明ます。

「知らない人にいきなり混ざるのは心配、怖い」とか「私、人見知りだから」とか思うひとも多いと思いますので、もし気になるものを見つけたら友人と一緒に参加してみるといいかもしれないですね。こう言ったところで趣味や、転職、副業のヒントが得られるかもしれません。

僕、個人的に比較的安心なのはYouTuberや有名人のオフ会などです。みんな共通の「好き」を持って集まっているし、有名どころなら管理や整備も整っているのでその場は楽しいこと間違いないと思います。

  • 合コン、異業種交流、オフ会など社外の交流は様々
  • 自分がやりたいこと、居場所がほしいなら社外にもでてみる
  • 共通の「好き」があるオフ会とか最初は行きやすいかも

3.ネットワークビジネスや起業塾詐欺に注意

では先ほどちょっと話した特に「異業種交流会」のお話です。いいところや名前のある団体レベルで開催されてるものはそれほど心配ないですが、個人レベルで主催される交流会にはたまにネットワークビジネスのディストリビューターがや起業塾詐欺の手先が紛れ込んでることがあります。

いわゆるマルチ商法やねずみ講と言われるような人たちがまぎれていて交流会で仲良くなった後にご飯や別のイベントに誘って勧誘に持っていくようなスタイルが多い気がします。僕も何度か経験したことがあります。

起業塾詐欺については、これは友人談ですが起業セミナーに行ったときに仲良くなったひとから「すごいセミナー見つけた!ちょっと有料だけど絶対ためなる!」と言って行くと30万円の教材を売りつけられたようです。

こういう話をすると異業種交流会が「悪」の印象を持たれてしまいそうですが元々は自分が知らない分野で仕事している人たちの意見や、考えを共有して自分の今後に役立てたい!とか今後のヒントを見つける場所です。

会社内でやりがいが見出しきれない人は何かしら外で発散したり、自分の居場所を探しに行くことは決して間違ってないのでどんどん挑戦してみるといいと思います。

まとめ

なんだか偉そうな文章になってしまいましたが、今まで述べたことは僕が社会人3年目、そして4年目になった今、こうしておけばよかったなと思ったことをまとめた次第です。入社1年目から、なんなら学生のときからブログに出会っていれば今頃もっといろんな人たちと交流の幅が増えたんだろうな思ってる次第です。

主観と客観の両方を会社に見る

最後に難しいことを見出しにしてしまったかもしれません。簡単に説明をすると社会人生活を過ごす上でいわゆる「常識(客観)」と「自分の考え(主観)」は明確に区別することです。
これってすごく当然のことのように思えるのですが社会に入ると様々な理不尽や不満、それから来るストレスなどで区別できなくなることがあります。これは最初の1番を見極める上で役に立つ考え方になると思うのでぜひ心のどこかに置いておいてくれればうれしいです。

では新社会人の方も若手社会人の方も後悔ない20代を歩んでいきましょう。

ではでは終わりっ

ポメパンをSNSでシェアする!

ポメパンではガジェットや男性用の日用品、電子タバコや仕事論や転職まで幅広い記事を書いてます。読んでいただいた記事をSNS等でシェアいただけると今後の活動の励みになります。

ポメパンをTwitterでシェア