ポメスパンツァー

仕事やお金、旅行やブログ、Amazonで買ったモノなど世間のことを幅広く切り開く


【スポンサーリンク】

【英語】センター試験は120点しかなかったけどTOEICは850点取れた英語勉強法


【スポンサーリンク】

f:id:xyzkitazyx:20170505102407p:plain

 

センター当日必ずおなかいたくなる妄想してしまう。

 

どもどもKitarouですっ!

 

いきなり冒頭の挨拶で爆弾ぶっこんだけど正直あんまわかりません。

でも「こいつ明らか自分で使ってねーよなーっ」て感じのブログはたまに見かけます。

炎上が怖いのでこれ以上は控えさせていただきます。笑

 

一応ですが、僕も結構前ですがTOEICで850点をとりました。

会社のやつだったんで簡単なものだったかもしれませんが一応社内では経歴として通ってます。

 

公式には815が最高だったかな?

 

そんな僕ですが大学入試の時は120点しか取れませんでした。

今思うとセンター120点て全国平均以下だよなーとしみじみ自分のヘボさに痛感します。

 

そんなやつが英語を語ること自体アレかもしれませんが僕なりにやってきたことを今回は1つの経験談として英語頑張ってる人の参考になればと思います。

 

 

 

*今回は英語の読む・聞くを中心とした話です。

*喋りの練習は過去記事にまとめてますのでリンク後ほど貼っておきます

文法は自分でも勉強できる!

ある程度できるようになってしまった以上、目線を現在進行形で英語に励んでいる人に合わせるのはちょっと難しいですが以下ずらずら書いていきます。

 

まずは文法ですが、これはひたすら構文を覚えきるのみ!

僕がやっていたのは高校の時に使っていた構文問題集!

 

大学になっても、留学先でもひたすら「Next stage(ネクステ)」っていう参考書使ってました。

僕の中でネクステはバイブルとなってますが、正直構文集ならなんでもいいと思います。

 

「スクランブル」とか「頻出問題1000」とか他にもありますので自分が使ってたもの、または自分にあったものを選べばいいと思います。

 

これ僕の時の表紙。

 

 今の表紙。

 

表紙も中身を大きくは変わってないのでもし安く済ましたいなら旧版の中古なら1円でAmazonで買えてしまいます。

 

こういった構文集(文法・語法)って何がいいかっていうと例文でそのまま覚えられてしまうんです。

 

f:id:xyzkitazyx:20170504114718p:plain

 

と言った感じでネクステの場合は更にイディオムなど、言い回しは表現なども盛り込んでいるためこの1冊で英文法はサクッとおさらいできてしまいます。

 

ちょっと難点をあげるとすればかなりのコンパクトですがそれでも英文法を大半網羅してるのでボリューミーと感じる方もいるかもしれません。

 

読むのに慣れる!読解は問題集でOK!

TOEICに限った話をすると、最新の形式をまだ受けてないのでなんとも言えないですが、

 

旧式だと

  • メール単体
  • 広告
  • ビジネス文書
  • メールとその返信

くらいにパターンが分かれています。

 

正直1つ1つの内容や単語はそれほど難しくはないと思います。

 

なので読む力をつけたい人はBBCやCNNなどのニュースを読めばいいと思います。

 

もし海外ニュースが難しいなら、Englishジャーナルなど対訳付きの雑誌を読んでみるといいかもしれません。

 

僕はこのEnglish ジャーナルが大好きで毎月購読しております!(後、紹介)

 

これで読解力はなんとなく養えます。

 

では実際にどうやって解けるようになるか?

 

僕は単純に公式問題集みたいな練習問題をひたすらやればいいと思ってます。

 

 

f:id:xyzkitazyx:20170504114732p:plain

 

もし英語を使って仕事したいとか考えてるなら、本だけじゃ間違いなく身につかないので意識を改めて欲しいです。

 

Youtuberのバイリンガールだって13年だったかな?アメリカ住んでたし、PDRさんだってハーフだけど11歳までイギリスで育ったんだからそりゃ英語できますよね。

 

あくまで「問題をとく」という意味でTOEICの点数をあげたいなら本だけでも達成可能です。

 

 

リスニング力 はYoutubeとか映画みまくる!

今までいろんな参考書で僕は失敗してきました。

なぜかというと、練習問題だけ覚えても応用が効かない固い頭だったからです。

 

もちろん参考書に書いてることが実践できればリスニング力はつくと思います。

 

ただ僕の場合全然上達の見込みがなかったんです。

 

そこで大学1年の時の夏に「24」を全シーズン、英英の字幕で全部みました!笑

 

TSUTAYAで借りてきて1年の夏休みはそれでほぼ終わっちゃいましたね。笑

 

今なんかHuluとかNetflixで簡単に見られちゃうから英語で映画みることに対する敷居も低くなってると思います!

 

あとは僕は外国のYoutubeを見ます。

必要な時は英語字幕つけたりなどして見るようにしました。

 

それで自分が好きだなぁーとかかっこいいなーって思うYoutuberを字幕でなんとか理解できたら嬉しくないですか!?

 

最初は見つけること自体難しいのでBuzzFeedとかPewDiePieとかいいかもしれません!

 

参考:PewDiePie - YouTube

参考:BuzzFeedVideo - YouTube

 

個人的にはジャンルの幅広さからbuzzfeedの方が入りやすいかもしれないですね。笑

 

f:id:xyzkitazyx:20170504114742p:plain

 

ではTOEICの問題練習は!?

 

僕はこれも実践問題集をひたすら解いて形式に慣れるのがベストだと思います。

 

TOEICといえど、センター試験といえど、形式がある程度決まってるので問題解きまくって慣れてしまうのが得点UPの最短のルートでしょう。

 

テストがない時も普段から英語に触れたい!!

英語みたいな外国語を趣味とされてる方は多いと思います。

TOEICを受けるとか、仕事に必要とかでなくあくまで趣味として。

 

何もないよりは立派な趣味ですし、多くの人が外国語をしゃべれるのにデメリットなんて基本ありません。

 

なので、TOEICとか伸ばしたい人も、趣味で英語されてる方にもオススメしたのがENGLISH JOURNALとかCNNなどの英語マガジンです!

 

 English Journal 6月号

 

 

CNN EXPRESS 6月号

 

English Journalは芸能系とかインタビュー記事を含むいわゆる雑誌に近い英語マガジン

 

CNNは政治とか経済がトピックに多いのようないわゆる新聞的な英語マガジンです。

 

いずれにも英語を学ぶためのヒントやトピックは毎月盛り込まれているので非常に便利。

 

CNNは実際購読してないのでEnglish Journalひいきになってしまうのが申し訳ないのですが、

 

僕が一番重宝してるのが、

「文書の訳が横のページにあり比べながら読める!」

 

f:id:xyzkitazyx:20170504114753p:plain

 

 

普段から英語学びたい、触れたい人はちょっと高いかもしれませんがEnglish Journalがオススメです。

 

アルクのサイトで買えますが、登録とか面倒なので僕は書店かAmazonで買っています。

*アルクの年間購読は割引してくれるのでバラ買いよりやすくなります。

 

Kindle対応なのでFireタブレット使ってる僕には良心的です。

 

 

 

最後に

2020年にはオリンピックもありますし、英語の需要はどんどん高まってくると思います、

 

それに備えて何かできることとして英語ができればと思ってる人多いと思います!

 

もしかしたら外人の恋人を作るチャンスかも!?笑

 

英語学習者の参考になれば幸いです。

 

ではでは

 

 

参考記事も読む:英語を喋りたいなら教科書は捨てるべしって話をさせてください - ポメスパンツァー

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村