スマホ&SIMカード

格安SIMとポケットWi-Fiがカケ放題との相性も良くて安い。2年間の使用料差も公開します

どもどもKitarouと申します。今回はポケットWi-Fiの便利さと使用料金の安さがすごかったので体験談も交えてレビューしていきます。

特に電話が必要な会社員がビジネスマン向けにポケットWifiとドコモなどのカケ放題との組み合わせについて注目していきます。

ポケットWi-Fiが安いと聞いたことはある

実は5年以上スマホとポケットWi-Fiを併用しています。しかもドコモやau、ソフトバンクのようなキャリアよりも2年で7万円も安くなることがわかりました!

でも確かに安いとはわかっていても格安SIMやポケットWi-Fiについて、次のような疑問や不安が出てきます。

  • 「格安SIM気になっているけど、キャリアも使いたい。」
  • 「格安SIMって安全なの?」
  • 「Lineとかできないって噂聞いた。」

スマホとポケットWi-Fiの併用って一見高そうに聞こえます。しかし、格安SIMを挿したポケットWi-Fiの月額使用料は10GBで2,000円くらいです。なのでスマホのカケ放題と合わせて一ヶ月あたり約5,000円かけ放題データプランが使えます!

例えば、OCNで3GBのデータプランとドコモのカケ放題に申し込むと1ヵ月あたり約4,000円インターネットが使えて電話もかけ放題にできます。

これだけで毎月8,000円くらいスマホ料金に払っているのが馬鹿らしく聞こえちゃいますね!

【参考】私のスマホ代・・・高すぎ!?月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」

OCNとドコモのプランで比較

僕が実際に使っているプランOCNの現在ドコモ提供しているプランを簡単に比較しました。
*基本税抜きで計算してます。

今回、新たにASUS、ZTEのスマホを新たに購入して契約した場合と、スマホ無し(自前のスマホを使用)の3パターンで料金を比較してます。

ASUSは2万円~3万円台で使える優秀なスマホの代表、ZTEは1万円と安い金額で買えるスマホの代表として例にあげています。

ではまず先に結論を申すと、自前のスマホを使えばキャリアと2年間で7万円くらい差がついちゃいます!次の表を見てください。

f:id:xyzkitazyx:20170128103756j:plain

*上記のキャリアは基本D社のものを参照させてもらってます

僕ははiPhone 5SをSIMフリーで購入(当時6万くらい)しているので2年間で20万円くらいです。それでもドコモで契約するより2万円はお得です。

ではどうやってカケ放題を残したままお得にスマホを使うかその方法紹介します。

用意するもの

もし手元に無い場合はおすすめのものも紹介しますが次のものを用意してください。

  1. スマホ(SIMフリーがBest!)
  2. かけ放題付きのキャリアSIMカード(docomo, au, softbank)
  3. ポケットWi-fiルータ(NEC MR05LNがオススメ)
  4. 格安SIMカード(ポケットWi-Fiとの相性OK)

最近では電話プランもセットになった格安SIMも多いですが3大キャリア特有のカケ放題は他ではまだ発展してないのでこれからに期待です。

スマホについて

僕自信、海外に行くこともあるため、SIMフリーのスマートフォンを使っています。海外のSIMを挿入するとそのまま使えるので便利です。SIMフリーが欲しい方にはこれお求めやすい値段のものもあります!

 Asus ZenFone

最近流行りでハイスペックなASUSのスマホです。カメラの画質も良く、タッチ操作の感度も良いのおススメです。

 

Huawei nova

Huaweiは台湾の家電メーカー。2017年にはスマートフォン部門でアワードも受賞しているほど急成長中です。その中堅スペック誇るnovaは遠近撮影用のデュアルカメラを搭載しえおり画面も大きいので使いやすさは完璧です。

 

ZTE Blade

またはそこまでスペックを求めないのであればZTEという格安スマホもあります。Bladeというシリーズは画像や動画の編集や厳しいですが、LINEやインスタグラムくらいなら問題なく使えます。

ポケット Wi-fiについて

なぜポケットWifiを勧めるか。それは外にいても複数の端末につなげるからです。僕が現在愛用しているのがNECの「Aterm」シリーズ。信頼のある日本のメーカーだし頑丈で潰れにくいところがこれを選んだ経緯。

NEC Aterm MR05LN

他のルータはそれほど

他にも本体だけ購入できるポケットWi-Fiルータはありますが紹介できるほどのものがないのでこのNEC製のみ紹介します。しかもAtermについてはAmazonや楽天で簡単に購入できるくらい便利なので、ポケットWifiを検討されてる方の参考になれば嬉しいです。

格安SIMカード

とうとうお待ちかね!格安SIMのご登場です!たくさん種類ありますが、僕が紹介できるのは愛用しているOCN、安さとプランの幅が広いDMM、SNSのデータ通信はタダのLINEモバイルだけです。

OCN ONE

OCNです。僕も使ってますが、とにかく料金設定が豊富で痒い所に手が届くようなプランが多いです。通話付きプランもあるのでカケ放題が必要ない人もご利用いただけます。

特に回線の安定感は他の格安SIMと比べても混雑時に速度を維持できるところはかなりの強みです。

OCNをチェック!

OCN モバイル ONE

DMM モバイル

DMMはとにかく安く使いたい!って人におススメです。1GBプランが月額480円から利用できるというかなり割安な設定になってます。ちゃんと下り375Mbps出るのでドコモやソフトバンクと変わらない速さを発揮します。

DMMモバイルをチェック!

DMMモバイルの詳細を見る

LINEモバイル

LINEモバイルではLINE、facebook、Twitter、Instagramのデータ仕様については容量に関係なく使い放題のプランが特徴的です。20~30代の若い人で電話とかも使わない場合は通話プランも同時に登録すると1ヵ月あたり1,690円から使用できます!

LINE mobileをチェック!

LINEモバイルの詳細を見る

 

OCNのデータプランご紹介

料金表

f:id:xyzkitazyx:20170128010339j:plain

*赤字はキャンペーンで申し込みから1年間だけ適応されるサービスです。

*回線速度LTEで最大262.5Mbps。これはキャリア並。

*16GBのコースは回線速度が遅い(Kbpsとなってる)ので注意

OCNの特徴

f:id:xyzkitazyx:20170128010831j:plain
  • プランが毎月変更可。使いすぎで減らしたい、足りないから増やしたい時にフレキシブルに対応。
  • プラン変更はアプリでやるのがお勧め!
  • 余った容量は翌月に貯金ができる

安くスマホとインターネットを使う

スマホのプランをかけ放題のみにする

現在docomoなどキャリアの携帯使っている人は

  1. My docomoでデータプランを外す
  2. カケ放題のみにする。

またスマホをすでに持っており、新たにキャリアにする人は店頭でカケ放題のみ契約したSIMカードを購入。これはあまり見られませんが勇気を持って店員さんに伝えれば対応してもらえます。

データプランにしなかったら、サービスが受けられないなど誘惑の呪文を唱えてきますがこちらが一点張りで意思を伝えれば対応してもらえます。(割引サービスより自分で調達した方が安いので、交渉に来ています)

ちなみに新規登録するとして次の3つの費用が発生します。

  1. 事務手数料:3,000円/初回
  2. カケホーダイ:2,700円/月
  3. SPモード:300円/月(ほぼ強制加入)

docomoメールのアドレスが不要の方はSPモード外しても大丈夫だと思います。僕はGmailが使えない時を想定して念のためdocomoメール入ってます。

格安スマホ申し込み

どの格安SIMにするか決まればサイトに飛んで申し込みができます。必要事項を登録すると後日SIMカードが送付されるのでスマホやポケットWi-Fiに挿入すればすぐに使用できます。

登録に必要なステップは基本はどこも同じなので僕がOCNを申込んだときの流れを記載しておきます。

  1. 届いたSIMカードの情報入力
  2. プラン選択(データ通信のみか通話付か)
  3. 個人情報入力
  4. クレジットカード情報
  5. オプション追加
  6. 認証番号(携帯に暗証番号送られて入力するもの)
  7. 利用規約同意
  8. 会員証ダウンロード(筆者の時は後日郵送だった、、、)

Wifiルータの設定

AtermのMR04LNを使った時の説明を下記していきます。またPCやスマホからも設定できますので必要な方は下記公式サイトをチェック。

support.ntt.com

結論

とにかく安い!

スマホとポケットWifiの合わせ技は値段的には断然キャリアよりお得なんだとわかりました。僕自身ここまでかと記事にしながら改めて実感しました。

僕はこのプランに乗り換えた5年前は格安SIMについて全然情報がなくて「ネット使いたい、でもケータイは安く買いたい!」と自分の中で葛藤を繰り広げていました。

今となっては似たような情報はうろうろしてます。最近はドコモか格安SIMの通話プランのどちらかに偏る傾向が強いと思います。

こうして3大キャリアの番号とIDが必要な人のために格安SIMとの合わせ技で安く済ませる方法があることもご紹介できたらと思ってこの記事を書きました。

  • docomoなどのメアドを残しておける
  • LINEなどの認証ができる
  • 通話範囲が広い
  • 携帯の番号を変える必要がない

ポケットWi-fiのメリット・デメリット

安さばかり追求しても使い勝手が悪ければ意味がありません。メリットデメリットをご紹介しておきます。

メリット

  • キャリアよりも安く大容量が使える
  • ルータから複数の端末に接続できる
  • トップ画面で使用状況が一目でわかる
  • スタバだけでなくファミレスとかでもPC作業が捗る
  • 2年契約とかの縛りがない!
  • 使わないと思ったらすぐにプランが変えられる(OCN)

契約年数縛りないのがOCNの一番いいところだと思います。Y!mobileだとどうしても2年間縛りやルータ本体の分割払いとかで結構制限が厳しくなります。

なので「最近あんま使ってないからプラン変えよかなぁぁ」と思ったら翌日からすぐに安いプランに変更したりできるのは大きなメリットと思います。

デメリット

  • ルータの電源を気にしないといけない
  • 節電のために電源を切ったり入れたりする
  • スマホと2台持ちになる
  • 画面割れ注意(Atermの場合)

外で作業される方などはポケットWifiは必須と思われます。これだけで場所を選ばず作業が捗る。スタバの断線みたいなWifiに依存することもない!!どこでもネット住民になれますね。

快適なスマホライフに役立てば幸いです。

おわり