ポメスパンツァー

ガジェット / メンズコスメ / 若手社会人の悩み / ライフハックなどをお届けするブログ


【スポンサーリンク】

華金の仕事帰りにそのまま温泉旅行に行くのがすごいよかった話


【スポンサーリンク】

f:id:xyzkitazyx:20170319174850p:plain

どもども

 

Kitarouですッ!

 

金曜は定時上がりして家に帰ろうとしてた。

はずなのに気づけば新幹線に乗っていました(←えっ) 

https://twitter.com/jppommespantzer/status/842691702506708992

気づけば熱海でこだまに手を振る。

そしてGoogle Mapも使わず伊豆に降り立っていました。

旅行のレビューは後刻させてもらうとして、今日は仕事帰りにそのまま温泉旅行に来るのはありだなぁって話をしていきます。

関東圏の人は温泉スポットにすぐ行ける

f:id:xyzkitazyx:20170319161632p:plain

*表記がドイツ語になっててご不便おかけします。

 

<品川から伊豆まで>

  • 品川駅から熱海だと「こだま」で40分で着きます。
  • さらに熱海から伊東線で30分かけたら伊東まで来れます。

  • そして伊豆急行線に乗ると伊豆の温泉スポットに来れます。

 

正直熱海など温泉スポットあるとこもサクッといけてしまうことがわかります。

*僕はたまたま知り合いいたので伊豆まで行ってきました。

 

仮に池袋や埼玉在住の人も、栃木の鬼怒川まで同じく2時間30分ほどでサクッといけると思います。

 

定時で上がれれば20時から21時には目的地につくことも可能です。

 

「いやこいつ何アホなこと言ってんねん。遠いわボケっ」

とか思われる方もいるかもしれませんがそれは各自の判断にお任せします。

 

僕の場合は、

「スーツにカバンぶら下げてでもそのまま温泉スポットに行きたい!」

って思ったのでそのまま行こうと思ったらこれただけの話なので。笑

 

次から退社後にそのまま温泉まで行ってよかったポイント述べていきます! 

その日のうちに会社のことやストレスが忘れられた!

f:id:xyzkitazyx:20170319162903j:plain

https://paraft.jp/r000017002225

 

では目的地?に着いてとにかく風呂に入る。

 

「さっきまで会社におったなんて信じられん!めっちゃ気持ちぃぃぃぃ!!!」

 

て思いました。

 

なんとも言えない解放感。

ストレスが風呂汗と共に抜けていく。

でもまだ金曜日やねんあぁスゲェェ。

 

そんなことを肌で感じられました!

だって土日は明日から。

まだ始まってすらいないのです。

もう土日が終わるぅと逆の感情はなんとも言えない快感です。

 

ホテルなんてその日に適当にじゃらんやbooking.comを使えば案外見つかるもので宿にも困ることはありませんでした。

 

翌日に帰っても日曜日が待っている!

f:id:xyzkitazyx:20170319165306j:plain

では仮に金曜に一泊して翌日の土曜日に帰ってくるとます。

ちょっと早起きするだけで、

  • 観光ができる
  • もうひとっ風呂入れる
  • 特産品を楽しめる
  • うまい食事

などが朝からこれらの楽しみを享受できます!

気分は完全に旅行気分です。

 

でもでも、

 

その日に帰ってもまだ日曜日が残ってる!

観光や帰路に疲れても次の日はまだ休みなので肉体的なストレスも翌日にすっきりさせることが可能です!

 

今後花金温泉旅行したい方へのアドバイス。

もし今後花金温泉旅行をしたい人がいれば個人的にこうした方がよかったな

って思ったことを書いておきます。

 

1) できるなら宿くらいは前日までに決めておく。

僕は旅行に関しては基本ノープランなんとなるだろう対応です。

ですがそれは個人的価値観なので、心配な方は

「よし明日行こう」ってくらいの時、つまり前日でもいいので宿を取っておけば電車の中で必死に宿を探す必要はありません。

 

▼じゃらんで予約

 

▼楽天トラベルで予約

  

2) シャツや着替えは個人の判断で

旅行の荷物といえば着替えが間違いないです。

でも僕は駅のユニクロで肌着のシャツとパンツだけ買って行きました。

これで汗まみれの下着をまた着るのは避けられます。

でもこれがイヤって人もいます。

ならちょっと大きめのカバン持って着替えを入れておけばいいと思います。

 

3) スニーカーは絶対持ってくべき!(大事)

これは僕個人的に失敗でした。

足にまで配慮が行ってなく、金曜から土曜まで革靴で歩かなければなりません。

(*女性の場合はヒールとか?)

なので靴の手配は死活問題です!!

 

前日にカバンにスニーカーを忍ばせても良いし、行きしなにABCみたいなところでサクッと買ってもいいです。

 

せっかくのリフレッシュに堅っくるしい履物からは離れましょう。

 

 

つまり仕事帰り温泉の持ち物は

  • 着替え
  • スニーカー
  • 着替えが入るカバン、又はスーツケース
  • ケータイの充電器
  • (歯ブラシ)

もしカバンを会社に持ってくるのが気まずい人は駅のコインロッカーに預けとけばいいかと思います。

温泉スポットならタオルとかは有料でも無料でも貸してくれるので心配はいらないです。

歯ブラシだけ念のため持っていくとアメニティがない時になんとかなりますね。

 

プレミアムフライデー活用できる人とかはこれやってもいいかもしれないですね!

 

最後に

僕は勤務地が品川に近いところにあったので静岡方面に出てしまおうと思いました。

でも新宿や池袋など北のほうに住んでいる人も栃木の温泉なら同じくらいの時間で行けるし、群馬の草津温泉も頑張ればいけないことなんじゃないかと思いました。

 

予算的には、

電車往復8,000円、宿5,000円 + ご飯代で行けるので、

あとはたまにはこれくらい払ってでもリラックスしたいと思えるかと、予約や定時ダッシュにちょっとした勇気があるかくらいですね。

 

上司に「明日定時でお願いします!」ていう勇気ですね。

これがダメでも失うものは「ダメ」と言われる30秒くらいなのでここにくよくよ悩むのは良くないと思いますが、、

 

そんな感じで来月はゴールデンウィークなので

普通に旅行とかになるかもしれません。

 

でも今後も「華金仕事帰り温泉」

やっていきたいと思います!

 

ではでは

 

おわりッ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村