ポメスパンツァー

仕事やお金、旅行やブログ、Amazonで買ったモノなど世間のことを幅広く切り開く


【スポンサーリンク】

仕事がわかる!って思える瞬間に出会える5つのタイミング


【スポンサーリンク】

f:id:xyzkitazyx:20171110234056p:plain

目標は毎日定時退社

でも実際に帰れたことはほとんどない

 

どもどもKitarouですっ!

 

社会人3年生ももう半分が過ぎてしまいました

仕事に慣れたというにはまだまだです。

でも会社の中では従業員の1人として認識されるようになってきてしまいました

 

最近特にそう感じることが増えてきましたが、本当にそうか

僕なりになぜそう思えたか?考えてみました

 

もちろん以下は個人談だし万人に共通するかと聞かれるとわかりません

もし会社での振るまいとかで悩んでる人の参考になれば幸いです

では行ってみようっ!

1. 仕事のことで質問されるようになった 

上司「Kitarou君、君の担当でね、このプロジェクトの部分なんだけどね?どういった理由でお客さんとウチの間に仲介を入れるの?」

 

Kitarou「弊社の人間がこの業務に割く時間減らすためです。こっちの方が効率的に仕事が回るからです」

 

なーるほどー

 

こうして仕事のことについて質問されることはないでしょうか

入社した最初の頃はいろんな人に「なんで!?なんで!?」と責め立てられるはず

これが答えられず叱責される場合もある

こうしてだんだん仕事が嫌になるケースは当たり前すぎると思います

 

でも1年、2年とこなしていくと段々と慣れてくるのでなんとなくでも仕事それぞれの目的とかがわかってきます

 

だから質問に答えられた時って「あ、俺仕事わかってきた!」って思えると思うんです

 

特に上司から指示や意見ではなく相談ベースで質問されるようになったら新人から1歩抜け出せるんじゃないでしょうか?

 

2. 他部署の人と仕事の話で交流ができた

仕事がわかってきたなと人から思えてもらえるようになると他部署から話しかけられることがあります

 

こんな時、ちょっとした自分の部署の業務や担当について質問されたりします

 

部内では当然かもしれないですが他部署の人は自分以外の仕事なんて全然わかってない

でも自分の仕事にどうしても他部署を絡めないといけない時は開き直ったかのように聞いてくる

 

他部署のパイセン「Kitarou君だよね?君の部署って営業の担当してると思うんだけどこれわかる?」

 

Kitarou「これはうちでやってるので資料ありますよ、この保証については別の部署に聞いてください」

 

こんな感じで自分の部署がどんな業務に携わってるかわかれば、他の部署の人との会話もおじけずにできます

 

これは一つ会社で生きていく上で一つのチャンスと思います

と言うのも自分の部署だけでなく、他部署がどんな業務をやっていてどんなつながりを期待しているかがわかるからです

 

会社で自分の地位を上げていこうと思ったら他部署の人と会話することも大事だと思います

 

3. 作業効率が上がった(先が見えるようになった)

これについては新人とか関係なく社会人になったらすべての人に求められるスキルでもあると思います

 

ある日いつも通りルーチンで作業をやってて思った

「あれ、このエクセルなんで全部指でやらなきゃなんねーの?リンクや数式ぶち込んだら時間半分で済むじゃん!」

 

そう思ってエクセルやパワーポイント資料作成において時間削減の方法を思いつく

 

入社したての頃って自分がどんな資料作ってるかすらわからないからとりあえず言われた通りにやる

 

でも作ってる資料の意味や目的、または上司の指示の意図などがわかるようになってきたら、もっと効率化できるんじゃないか考えるようになる

 

それって1つの仕事がわかってきたってことだと思います

 

4. 上司に対して反発したくなる

ちょっと語弊を生むかもしれません

 

僕の場合は入社して毎日のように怒られていました

最初の方は自分に実力がないから、だと思って我慢してました

過去の記事でも本気で悩んだこともありました笑

参考:【新入社員〜若手】社畜はこうして生まれてくるのかって話 - ポメスパンツァー

参考:【閲覧注意】会社を辞めたいと思っても辞められない話 - ポメスパンツァー

 (この時期も結構病んでたかもしれない)

 

でも段々とね、イライラしてくるんです w

なんか段々、なんでこのことに怒ってるのか、あとは言ってること理不尽だし矛盾してる

そうなると仕事のことで指摘された時に、反発したくなるのです

なぜなら自分は一定の考えや決まりにしたがってその仕事や作業をしているはずだから

 

これでもし論理的に反発できるって思えるようになったらそれは仕事がわかってきたってことだと思います

 

5. 提案ができるようになる

仕事をしていると上司に指示をされるけど「あれっ」って思うことありませんか

 

この時はきっとその仕事に対して何らかの論理が欠けていることが多いです

例えば、「この資料集めといて」と言われてるがよく考えると探せば自分で見つかる

わざわざ他の人からもらう必要もない

 

それ自体なんてことないんですが調べたらわかることをわざわざ聞いてくる人います

 

この時に「これで調べるのはダメしょうか?」などと自分から提案をできる人になれば新人レベルからは抜け出しているんじゃないですか?

 

これが当たり前と思う人は例えば資料作成の段階において売上を重視するか粗利を重視するかなどですかね?

 

要は目的にそぐわない指示に対して自分が理解して改善策を発言できれば仕事がわかるってことですよね

 

まとめ

  1. 仕事について質問される側になる
  2. 他部署が仕事に絡む
  3. 作業効率を重視する
  4. 上司に対して意見できる
  5. 仕事やプロジェクトに提案ができる

これらが少しでもできてるなって思ったらまずは仕事がわかり始めたサインだと思って自信を持っていいじゃないかと思います

 

日々の会社勤めで疲弊している若手会社員のみなさんの参考になれば幸いです

 

ん?でも僕そもそもこの5つ全部できてるの?

てかだんだん社畜に染まってね!?

あれれ!?

みんな仕事もほどほどに!

 

ではでは終わり

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村