ガジェット

PowerPort Speed 4をレビュー。忙しい時も同時に急速充電できるAnker製

f:id:xyzkitazyx:20180123000127p:plain

どもどもKitarouと申します。

最近スマホやタブレットの数が増えてきて充電器の数も増えてしましました。使っているガジェットはGalaxy S8、 iPhone 5S、iPad mini2、Fire 7です。4つのガジェットを用途別に使っています。

たまになんですが4つとも全部充電がゼロになってしまうようなことがあります。でも僕が普段使用しているコンセントは2口しかない。そのため全部充電できないことがあります。

そんなときに「4台充電できる方法あればな」と思い、今回Anker製のPowerPort Speed 4を買いました。なんと充電器1つにUSBの穴が4つもあるのです!

今回はこちらをレビューしていきます。

では行ってみようっ!

[:contents] 

Anker PowerPort Speed 4

Amazonでスマホ充電器と検索すると68162件出てきます。もうどれを選んでいいかわかりません。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/x/xyzkitazyx/20170625/20170625180231.png

僕はAnkerの充電器にしました。というのも有名なブランドでレビューも多い、そのため比較的安全だろうと思っての決断でした。

またコード型か縦型かで迷いましたが僕は今回ベッドの縁のコンセントに差し込みたいので縦型にしました。

  • USBが4つもある
  • 有名ブランドなので安心
  • レビューやコメントが多い
  • ベッドに挿すため縦型
  • 急速充電対応が良かった

まとめるとこんな感じですが、僕的には4つの穴があって急速充電ってところが一番重要でした。笑

参考:USBアダプターの選び方!多すぎるのでスペック別にまとめてみた!

仕様について

製造 Anker
商品 4ポートUSB急速充電器
USBポート 4つ
PowerIQ 対応
急速充電 対応
iPhone/iPad 対応
Android 対応
その他USB危機 対応
重さ 191g
電圧 100-240V
出力 4ポート合計43.5W
安全性 サージ保護、ショート防止
保証 18ヶ月

値段はAmazonで2,999円とちょっと高いように見えますが、充電器4つ買うと考えるとそれほど高くないんじゃないかと思います。4つもいらないって人は2,299円でUSB2つのモノもあります。必要なポート数あるもの買えばいいと思います。

 

開封の儀

外箱

f:id:xyzkitazyx:20180121191316j:plain

いつもよくあるAnkerの外箱ですね。これが届くとちょっとワクワクしてきます。

内容物

f:id:xyzkitazyx:20180121191750j:plain

内容物は次の3つです。箱も小さくてコンパクトです。

  • 本体
  • 取説
  • Happy?のカード

特にUSBケーブルの付属などはないので自分の使うか、新たに購入が必要です。せっかくならAnkerの充電器なのでAnkerのケーブルにしたいところですね。

外観

f:id:xyzkitazyx:20180121192340j:plain

見た目は四角形で普通の充電器ですね。特に形に関しては問題ないですね。

f:id:xyzkitazyx:20180121192448j:plain

プラグは出し入れができるので折れたり、収納の邪魔になったりしないです。小さいポイントですが良心的です。

大きさ

f:id:xyzkitazyx:20180122235134j:plain

眼鏡と比べてみました。寸法は65×65×29mmなので普通の充電器の倍くらいはありますね。重さも190gあるのでちょっと重く感じるかもしれません。

USBポート

f:id:xyzkitazyx:20180121192746j:plain

では後ろ面を見てみましょう。

QucikCharge3.0のポートが1つ、PowerIQのポートが3つになっています。QucikCharge 3.0は対応端末が従来危機に比べて4倍の充電速度を発揮します。

それ以外のポートもPowerIQでフルスピード充電を可能にします。

ただQC3対応端末ってそれほどないので通常使用においては効力は薄いですね。QC2対応はほとんどの端末がそうですね。

結論としてはフルスピード充電ができる優秀な充電器ってことのようです。

 

QC3対応端末:XPERIA XZ, XPERIA X Compact, ASUS ZenFone 3 など

使ってみた

f:id:xyzkitazyx:20180121194854j:plain

こんな感じでベッドにつなげてみました。LECが内蔵されていて、青色に点灯します。これはUSBを外してるときも付いてしまうので注意です。

気になる人はスイッチ付きの延長コードにするか、プラグを抜いてしまいましょう。

ちょっと重さがある

f:id:xyzkitazyx:20180121195118j:plain

ちょっとわかりにくいかもしれないですが、少し傾いています。本体が191gなので実感がわきづらいと思います。

通常の1口のポートは実は50gしかありません。普通の充電器の4倍の重さなのでコンセントに対して重みがあるのはとうぜんですね。

ホールドの弱いコンセントなら外れてしまうかもしれないので気を付ける必要があります。

充電速度はめちゃくちゃ早い

試しに3,000mAのGalaxyS8を充電してみたらものの1時間で70%まで回復します。急速充電は伊達じゃありませんでした。iPhone5Sは1時間でほぼ満タンまでいきました。

思ってた以上に優秀なので僕自身びっくりしております。

複数端末充電も問題なし

ではGalaxy S8, iPhone 5S, iPad, Fire 7 を同時に充電をしてみましたが大丈夫です。充電器本体が少し熱くなりますが、手であったかいと思う程度なので発熱対策も完璧です。

ですが安全を考えて基本的に使わないときは外しておいた方が確実にショートとかの心配はありません。

まとめ

充電時間:◎

同時充電:◎Galaxyが1時間で50%充電

発熱防止:〇

値段:△ちょっと高い

重さ:△傾くのはちょっと気になる

QC3対応:×まだ対応端末が少ないので意味なし

QuickCharge3.0対応は国内ではこれから対応してくれば充電スピードも爆速に伸びそうですね。

でもそれ以上に同時に急速充電ができるのはライフスタイルもはかどります。朝充電を忘れても支度してる間にある程度は充電できます。

ワイヤレス充電器と合わせると急速ワイヤレス充電もできてしまいます。Qi対応の端末、充電器持ってる人はぜひ使ってみると捗ると思います。

 

充電ポート増やしたい方は検討してみてもいいと思います。

おわり

参考:USBアダプターの選び方!多すぎるのでスペック別にまとめてみた!