仕事&ライフハック

静岡県奥大井まで一人旅に行ってきた!行き方とか予算も公開!(寄稿記事)

f:id:xyzkitazyx:20171226225735p:plain

(今回はリア友の「どん」ちゃんより記事を書いてみたいと立候補があったので寄稿してもらいました。)

——————————————-

はじめまして!管理人と高校時代から付き合いのある神奈川在住の「どん」です。
特に相手もいないので入社以来一人旅を続けてます。
(決してグループ旅行が嫌いなわけではないです)

今回はこの場を借りて、一人旅の魅力や静岡県奥大井の見所をまとめていきます!
 

〜あらすじ〜

さて、先週は会社でいろいろな人に怒られ続け、日中ずっと泣きそうでした…

そんな中金曜日の夜、どこかに現実逃避行きたいと思い立つ。

既に買っていた絶景ガイドブックとスマホ(GoogleMap)を両手に考えること30分。

今回の旅の目的地は「静岡県奥大井」に決定しました。

奥大井とは

奥大井は静岡市中心部から北西へ車で約60~70㎞。

日本アルプスの1つ、赤石山脈も近いこの地にはココでしか見られない絶景や秘境が多いです。
日本有数の温泉地、さらにはSLやトロッコ列車も走っていたりと特に秋の行楽シーズンには特に人気の観光地です。

即行動へー下準備ー

翌日土曜日の夜に別件があり、19時までには東京に戻ってくる必要がありました。

「思っているより割と行動できる時間がない?」

奥大井巡りを決断してから早速現地について調査。

静岡駅までは東京駅から新幹線1時間ほどで行けるようです。

だから静岡駅までは新幹線、そこからレンタカーを借り現地を巡ることにしました。

土曜日に始発の新幹線で行くと、静岡駅8:04着。

そこからレンタカーを借りていると現地到着は10時になってしまい、道路渋滞も考慮すると19時に戻ってこれるかどうか…

………………………………

必要な荷物を詰め込んだうえで、気付くと金曜日20:10品川発のひかりに乗っていました。
金曜日中の静岡入り(どこかで1泊したうえで、早朝レンタカーで現地へ乗り込む)を決断。
レンタカー屋がそんな時間に空いているのかという疑問もあったのです。

でも調べてみると「ニッポンレンタカー」は24時間営業でした。

早速静岡駅前でレンタカーを土曜日朝6:30に予約。

現地には21時過ぎに到着。駅前で海鮮丼を食べ、翌朝に向け適当なネットカフェで就寝しました。

いざ現地へ

夢の吊り橋(寸又峡温泉)

翌朝、6:30にスズキのスイフトを借り吊り橋まで。

静岡中心部を抜けると山道(国道362号)に入りますが、この道路、一応国道とはいえど車線が片側しかない。

極めて狭い部分も多く、常にすれ違いに気を遣う道路。

急勾配・狭車線・山道で、国道ならぬ「酷道」とも呼ばれているらしいです。

 

そんな道を1時間半運転し、辿り着いたのが、今回1カ所目の目的地「夢の吊り橋」。

寸又峡(すまたきょう)温泉という山奥の温泉地から、徒歩で約20分の場所にある全長90m、高さ8m、1度に10人しか渡れない鉄線の吊り橋です。

この橋、「世界の徒歩吊り橋10選」にも選ばれるほどの水面の美しさでです。

チンダル現象」と呼ばれる湖の微粒子による光の散乱現象により、波長の短い青い光だけが反射されることで、コバルトブルーに見えるのこと。

f:id:xyzkitazyx:20171226213948j:plain
吊り橋①
f:id:xyzkitazyx:20171226213955j:plain
吊り橋②

奥大井湖上駅

続いて奥大井湖上駅。ダムによって作られた「接岨湖(せっそこ)」の上にある、大井川鉄道の駅です。

写真の通り真ん中の島に駅があり、実際に1日に数本電車も来ます。

真ん中降りてもどうしようもないように見えますが、

一応湖上に架かる橋に歩行者用のスペースがあり、抜け出すことは可能です。(が、結局周りには何もありません)

しかし眺めはキレイで、まさにインスタ映えのしそうな感じです!

f:id:xyzkitazyx:20171226213654j:plain
奥大井湖上①

今回掛かった費用

帰りも“酷道゛を引き返し、16:30頃レンタカー返却、18:30に品川へ戻ってきました。

さて、今回掛かった費用のまとめです。

  • 新幹線(往復、乗車券含む)11,260円
  • ネットカフェ 2,300円
  • レンタカー(12時間パック)5,724円
  • ガソリン代 2,184円
  • 飲食代  2,750円
  • 合計 24,218円

これを高いと思うか安いと思うかどうかは、個人差が出るかもしれません。

現実逃避したいと思う方、どちらの場所もこの冬の時期は全く混んでおりません。

結論からすると東京からであれば日帰りも可能なので、行く価値はあり!です。

旅の注意点

以下、旅の注意点を少しだけ。

  • 前述の通り奥大井に向かう道は酷道で、とはいえあんまりゆっくり走っていると後ろから大きなトラックが来て、煽られるので、運転初心者にはキツい。
  • そもそも距離も往復150㎞くらいあり結構疲れるので、2人以上で行くのもありかと。(※この記事のタイトルが”一人旅のすゝめ”となっているところは特に気にしない)
  • 夢の吊り橋の湖面は、太陽光が湖面に直接当たっているとものすごくキレイな色になるらしいのですが、行ったときはそうではありませんでした(当たっていなくても充分キレイなのですが)。
  • 冬の時期はあまり太陽の高度が上がらないので、本当に最高の絶景を見るなら春~夏が良いかもしれません。
  • 奥大井湖上駅は電車で向かうのは時間もかかり、本数も少ないのであまり進められません。とはいえ車で向かう場合にも、駐車場が分かりにくいので、Googleストリートビューなどでの事前の下調べをおすすめします。  

なお、奥大井も含め絶景に出会うならこの本!

東京から行く! 奇跡の絶景に出会う旅 2017 ウォーカームック

東京から行く! 奇跡の絶景に出会う旅 2017 ウォーカームック

 

プチ質問コーナー

静岡駅から車以外で行く方法はあるの?

夢の架け橋へは電車とバスで行くことができます。

「静岡」から「金谷」へJRで移動。そこから大井川鉄道に乗って「奥大井湖上駅」まで向かいます。

下記リンクの寸又峡の公式サイトで交通手段の詳細確認できます。

リンク:交通案内 | 寸又峡温泉観光ガイド 寸又峡ほっとステーション

 

けど、電車、バスの本数が極端に少ないのでまた遠回りなためオススメはできない。

時間が惜しい人はレンタカーがオススメです。

周りに安いホテルってあるの?(1万円以内が目安)

夢の架け橋の近くに「寸又峡温泉」と言う観光スポットがあります。

この辺りには宿泊施設が点在しています。

 

しかし奥大井湖上駅周辺には何もありません。

無論静岡駅周辺なら死ぬほど宿泊施設はあります。 

ご飯って何食べた!?

今回は食へ力を注ぐ余力が全くなかったのでチェーンっぽいお店で海鮮丼を食べました。

 

Kitarouよりコメント

ポメパン史上初の寄稿記事もらいました。しかもリア友からw

文体やまとめ方は僕よりもはるかに上手なので、今後はどんちゃんに書いてもらおうかすら思っちゃいました。

 

ツッコミどころとしては

  • Kitarouは管理人だって。いや合ってるけど管理人って普段言わないし!響きかっこいいよね。。。
  • 現実逃避からの行動力がすごい!
  • おま、観覧車乗れねーくらい高所恐怖症なのに吊り橋大丈夫だったのかよw(身内ネタ)
  • 新幹線やレンタカーはポンッと出すけど、前入りでネカフェ泊まるんやw

以上!