ポメスパンツァー

若手ゆとり会社員の究極暇雑記

ブロガーだってメントスコーラがやりたいからやってみた【動画有】





【スポンサーリンク】

f:id:xyzkitazyx:20170524122418j:image

 

渋谷にいるギャルだいたい軽い。

 

どもどもKitarouですっ!

 

「今日の!企画!WA!」

 

本当にメントスコーラは吹っ飛ぶのか??

 

Youtuberにとっては登竜門ともされるこの企画。

メントスをコーラに入れて蓋ができるのかってチャレンジです。

 

ふとね、思うんすよ。

 

ブロガーやけどメントスコーラやってみたい!

 

読者(勝手にやれよ)

 

うん、なんか聞こえましたが今日は完全に僕の自己満足記事になります。笑

 

 では、lets do it

準備するもの

メントス(味はなんでも)

コーラ(ぼくは1.25Lにしました)

f:id:xyzkitazyx:20170524123010j:image

 

 

当たり前ですけど、近くのコンビニで300円もあれば揃えられます。

 

あとは汚れてもいい、またはすぐに洗濯できる服に着替えれば準備万端、お風呂へGOです。

 

では実践! 

 

メントスを開封しよう!

まずはちゃんとメントスか確認。

メントス毒味タイム

f:id:xyzkitazyx:20170525020210p:plain

 

うっわwwうっま、

 

食べるの3年ぶりくらいやけど普通にうまいわww

f:id:xyzkitazyx:20170525020245p:plain

 

思わずグーとかやってます

*決してエドはるみとかではありません。

 

では次はもう投入準備!

 

メントス投入準備!

ではこれからはもうメントスを入れちゃう手前です!

 

f:id:xyzkitazyx:20170525020418p:plain

 

Youtuberもそうなのだろうか、僕はかなりこの時点で緊張してました。

 

だって冷静になると「今からコーラまみれになるかもしれない。」

風呂の扉開けっぱで、その向こうにはカメラがセットされている。

 

もしカメラに吹き飛んで見たらと思うと、しょんべんちびりそう。

風呂や大丈夫なんやけど(おい)

 

そんなことを考えてた蓋の開封時間でした。

 

でももうカメラは回っている。

 

いざ投入します!w

 

メントス投入しちゃった!

ここまで来るとあとは流れに任せるだけ!

投入します!

 

f:id:xyzkitazyx:20170525021017p:plain

 

1つ・・2つ・・3つ・・とこのあたりでもう「来る!」てわかってました。

 

でも4つ目をちゃんと投入して、蓋をします。

 

f:id:xyzkitazyx:20170525021103p:plain

ぶぶっ、ぶっ

 

f:id:xyzkitazyx:20170525021128p:plain

 

風呂場はコーラまみれ。

 

とっさにカメラを意識して壁に向けてしまったのはチキンの証拠です。

 

本当なら真上にやりたいところ。

 

でも真上には換気扇があったのでまっすぐ向けられませんでした。笑

 

残ったコーラの処理は!?

いくら吹っ飛んだとはいえ気の抜けた時点で爆発は治ります。

 

そして炭酸もくそもないただの甘い液体が残っています。

 

ひとまず飲んでみよう。

 

f:id:xyzkitazyx:20170525021411p:plain

 

ぬるっ!若干のとろみ!炭酸のかけらもない!

 

ただの砂糖水でした。

 

でも捨てるのはもったいないのでひとまずこれだけは飲んでしまいました。

 

メントスコーラをやった感想

正直な感想。

 

めっちゃ楽しかった。笑

 

普段、実家とかじゃ絶対できないし、人前では恥ずかしいことも一人暮らしの風呂場やったら誰にも見られず黙々と出来ちゃいますからね。笑

 

これをカメラに収めて世に広げるかは別として、記念にはなります!

 

でもいくらコーラといえども飲み物なのでそういった飲食物を遊びに使った罪悪感もあります。

 

ここは意見分かれると思いますが、炎上も覚悟して事故責任と割り切れるならいいんじゃないかと思います。

 

僕はこれで叩かれても後悔しません。

 

一つの自己欲求が満たされたと思ってます。笑

 

今後も何かしらのチャレンジ記事を上げていきたいと思います。

 

最後に一部始終を見たい方はyoutubeに動画上げてますので閲覧してもらえればメントスコーラの実態がわかります。

 

youtu.be

 

 

 

 

ではでは

 

Kitarou