ポメスパンツァー

ガジェットやメンズコスメのレビュー、若手社会人の悩みやライフハックなどをお届けする男性向けメディア系雑記ブログ

インフルエンザが警報レベル。予防と対策で健康を維持しよう


【スポンサーリンク】

f:id:xyzkitazyx:20180128114156p:plain

どもどもKitarouと申します。

今シーズンのインフルエンザ患者数が過去最多の283万人になったようです。1医療機関あたりの患者数が1週間で52人にまで登り、警報レベル30人をはるかに超えてしまっています。

会社や学校でもマスクをつけてる人が多く、また身近な人の多くもインフルエンザで休んでしまってます。

今日は僕なりのインフルエンザ予防方法を紹介していきます。

では行ってみようっ

インフルエンザ患者数が過去最多

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180126000965_commL.jpg

*https://www.asahi.com/articles/ASL1T7R6HL1TULBJ013.htmlより

このグラフは先日朝日のニュースで発表されたインフルエンザ患者数の推移です。青線が去年度赤線が今年度です。

去年も1月の3週目が1医療機関30人に対して、今年は52人と+70%以上の患者数増になっています。

都道府県別にみると、鹿児島が86人、宮崎が85人、福岡84人・・と九州での患者数がかなり多いようです。東京は50人、大阪は44人で、44もの都道府県が30人の警報レベルをはるかに上回っています。

2009~2010年に話題になった新型のインフルが全体の8割を占めており、感染の幅がより広くなったようです。

インフルエンザと風邪の違い

よく話題になるのがインフルエンザと風邪の違いです。これを知っておくと、いざ症状が出たときに対応しやすくなります。

  インフルエンザ 普通の風
発症 急激 緩徐
発熱 38~39度 37度台が多い
症状 席や息がしづらい
関節痛や倦怠感など全身にも症状
咳や鼻水が多い
多くは上気道の症状
原因 インフルエンザウイルス ライノウイルス
アデノウイルス等
発症時期 12~3月の冬季 1年を通じて発症

僕、個人的には過去にインフルエンザにかかったときはいつも関節痛がありました。腕とか足が痛くなり布団の中で悶絶していました。ただし、上記は一例で軽い症状だと思って放っておいたらインフルエンザだったという話はよく聞きます。

インフルエンザの予防策

最近はタミフルやリレンザなど感染してもすぐに治せる薬ができたので、昔ほど深刻ではありません。でもならない方がいいですね。僕は個人的には次のような行動をとってます。ちなみにもう3~4年はかかってないのである程度、役には立っていると思います。

通勤や通学のマスク

これはもう定番です。電車はウイルスや細菌の宝庫です。インフルエンザに限らず様々な病気に感染する原因になります。特に通勤や通学のラッシュ時に密集した中で、人と人の距離も近い。もし隣の人が席を始めたらと考えると、マスクを常備したくなります。

マスクの種類については三次元マスクがお気に入りですが、通勤時にしか使わず、土日など比較的空いているときは業務用の安いマスクを使ってます。

ちなみに僕は普段眼鏡着用なのでクモリ対策のマスクをつかってます。

 

手洗いとうがい

これも定番です。ごはん食べる前、家に帰ってきたときくらいはちゃんと手を洗いましょう。うがいは僕は時々サボっちゃいます。食べ物や飲み物を触る手をしっかり洗っておけばひとまずは大丈夫だと思います。

手洗いはキレイキレイや、ミューズなど市販のもので十分だと思いますが、僕はJames Martinというレストランなどに置いてあるようなウイルス対策万全のハンドソープを使ってます。ちょっと高いですが今のところ気に入って使わせてもらってます。

参考:ジェームズマーティンのハンドソープをレビュー。1000円超えの魅力を検証してみた。

 

ウイルス用除菌スプレーがすごい!

インフルエンザってなんとなくあんまり死なないしつこいウイルスってイメージが強いと思います。これは半分正解で半分はそうでもありません。

実際に熱湯や除菌スプレーでウイルスを取り除くことはできます。でも完全に死滅させるとなると難しいです。

完全にウイルスを無くしたい!っていうときにお勧めなのがウイルス用の除菌スプレーです。

一体、普通の除菌スプレーとなにが違うかというと、普通のアルコールスプレーで死滅させられる菌に限界があるということです。

https://shopping.c.yimg.jp/lib/hakarinbou/2018086note_3.jpg

 *https://store.shopping.yahoo.co.jp/hakarinbou/2018086.html?sc_e=slga_plaより

アルコールスプレーでもブドウ球菌などに対応してますが、ノロやインフルなどのウイルスになってくると手ごわいです。これらに対応した除菌スプレーがあります。

これは普段愛用している除菌スプレーMukin Vです。ドラッグストアでもAmazonでも購入できるので比較的に見つけやすいところがメリットです。手で触れても大丈夫ですが、強い薬品なのでゴム手袋とかして拭き掃除した方が安全だと思います。

2,000円とちょっと高いですが、靴やタバコのニオイ対策にも使えます。

まとめ

上述しましたが、今年は過去最多にインフルエンザが流行っているので仕事や学校などで休めない人は手洗いうがいからでも徹底したほうが良いかもしれません。

おわり

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村