ポメスパンツァー

仕事やお金、旅行やブログ、Amazonで買ったモノなど世間のことを幅広く切り開く


【スポンサーリンク】

【鋼の錬金術師】KitarouオススメNo.1~パート2~


【スポンサーリンク】

どもどもKitarouです。

 

前回こんな記事を出しました。

www.mein-pompan.com

 

筆者ハガレン好きすぎて一回の記事だと1巻すら語りつくせないくらい長文になりかけました。

今回は前回のおさらいなく1巻の後半〜2巻あたりをレビューしていこうと思います。

 

前回の続き〜2巻まで

炭鉱の話も泣けますが次の列車ジャックのところから見ていきます。

理由は新たな登場人物!(あいつが来るぞー!)

  • エドとアルは東部探索に列車に乗ってた
  • それが盗賊に乗っ取られる
  • その事件はあの人率いる東方司令部の担当となる
  • エドとアルが事件を解決
  • しかし盗賊のしぶとい反抗
  • ここで大胆に見せてくれるのが!あの!
  • ロイ・マスタング!地位は大佐!

まずはここで1巻が終わります。

f:id:xyzkitazyx:20170128121922j:plain

おっ!仲間登場と思ったがすんごい犬猿の仲でした。

でも後々読んでいくとこの理由もわかってきます。

荒川先生も伏線張るのがお上手です。

 

2巻〜

  • エドに貸しをつくる大佐
  • エドの目的のため生体錬成にわしいターナーを紹介。
  • エドはターナーの書籍・研究などに読みふける
  • ターナーは妻に2年前捨てられ現在は娘とペットの犬と暮らす
  • ある日ターナーを人語を話すキメラ(合成獣)を錬成
  • キメラ「えど、、えどわーど。 おにいちゃ」
  • きになる続きは、、、、漫画を見て!

 

f:id:xyzkitazyx:20170128122852j:plain

この回で人の命の尊さを学ばせてもらいました。

 

2巻は続きます。

  • ターナーの一連件はそのまま終わらなかった
  • 突如何者かの襲撃
  • 追い詰めらる国家錬金術師たち
  • 何者の犯行?
  • エドとアルにも襲いかかる
  • 額に大きな傷があると噂
  • それから名前を(スカー)とつけられる
  • イシュヴァールの反乱とは?
  • おまけ:雨の日は無能は大佐ww
  • この回がきになるなら、、、続きはマンガ!

当時小学生ながら筆者はイシュヴァールを通じて戦争や人の気性というもの知っていきます。

当時はこの本怖いなーとか思いながらでも続きが気になって仕方なかったです!

 

さらに2巻は続く

  • エドは故郷に帰る
  • 道中でマルコーという行方不明だった国家錬金術師を発見
  • なぜ姿を消したか
  • 賢者の石の秘密とは?
  • 裏に潜む黒幕とは、、、
  • 死なない人?
  • ラスト「あら、、一回死んだじゃない。」
  • 謎は続く、、、!

 

2巻の感想

正直当時はかなりビビりながら読んでいました。

バトルあるマンガなので敵が増えてくるのは当然。

しかし民族や政治などなかなか頭を使わせるような、また背景や知識がないとわからないようなシーンが増えてきて

でも

「錬金術カッケー!!!」

という思いだけで読んでまし。笑

 

中学生で読み返した時には荒川先生がどれだけ博識か思い知らされました。

てか歴史詳しすぎじゃないですか?

きっとそのはずです!

 

2巻で一番かっこいいシーン

正直迷います。

ターナーのところもいいです。

でも筆者のベスト・オブ・ハガレン2巻はこれ!

 

f:id:xyzkitazyx:20170128124649j:plain

スカーとの一戦を終え、命を投げ出そうとしたエドに対し怒りをぶつけるアル。

ひと段落して命の重要さを再認識する2人の安息のシーン。

 

ほんのり兄弟愛が感じられます。

 

最後に

まだ読んでない方は下記リンクで詳細チェック!

 

ではでは

 

Kitarou

 

 

おまけ 

 

www.kokoro-fire.com

 

上記リンクでマンガUP!

てアプリ紹介頂いてるので筆者も後で挑戦したいと思います。

 

www.mein-pompan.com

 

上記、筆者のオススメマンガ紹介してます。

よろしければご参考ください。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村