読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメスパンツァー

若手ゆとり会社員の究極暇雑記

MEKOタブレットペン買ってみた(レビュー):Kitarouコレクション





【スポンサーリンク】

どもどもKitarouです。

 

実は過去の記事で紹介してたんですがまだちゃんとレビューできてなかったタブレットペンを紹介させていただければと思います。

 

 

目次

  

 

MEKOタブレットペン

MEKO スタイラスペン

今回こちらを購入しました。

タブレットやスマホなどでイラストに使えるタッチペン的なものが欲しくて購入しました。

 

 

 

スペック・内容・使い方など

パッケージ内容物:

スタイラス2本、交換用ディスク4個、マイクロニット交換用ペン先2個、付属のクリーニングクロス、保証カード

  • 耐久性の高いアルミニウム製の本体と交換用のマイクロニット繊維ペン先、交換用ディスク付属で長く安心してご使用いただけます。ペン先交換に道具は不要で取り換えもとても簡単です。
  • 付属のクリーニングクロスで簡単にスクリーンの汚れを拭き取ることができます。指紋などの汚れ掃除に適したマイクロ繊維素材を使用することでスクリーンの汚れを簡単に効率よく拭き取ることができます。

 

デザイン

スタイラス本体:
洗練されたデザインと高い機能性を追求しました。適度な重さで使用時の滑りと反応の良さを実現しました。
ステンレス鋼とアルミニウムから作られて、プラスチック無しで高級感があります。
オシャレな設計や高い使用感を同時に実現しました!
特別なペン先設計:
先端が透明なディスク形状であり、ディスク部分は常にディスプレイに密着していて、ディスクとペンの間のシリコンが角度を吸収するという仕組みであります。ディスクを繋ぐ黒くて細いシリコンが、弾力性もあり、柔軟なのできっちり元の状態に戻れます。独特のペン先も書きにくくはありません。使っているうちにすぐ慣れて頂けます。

 

寸法

長さ:5.5インチ(140mm)、
ペン管直径0.35インチ(9mm)、
ディスク直径:2mmゴム製ポイントを含む0.27インチ(6.8mm)、
ファイバーチップ直径:0.24 (6mm)、
重量:24g
材料:ステンレス鋼とアルミニウムから作られて、プラスチック無し。
 

ペン先交換方法

万が一ペン先を失くしてしまった場合にも安心な交換用ペン先6個入り!(ペン本体にそれぞれ2個付き、合計10個のペン先があります)
交換する場合、ツールなしで1秒以内に交換できます。スタイラスの使用寿命が伸ばされます。

1.マイクロニットペン先がネジ式になっておりますので、ペン先金属部分を回していただくだけで取り外し・取り付けが可能でございますので、とてもラクです。
2.ディスクペン先の交換もラクです。古いペン先を引き抜き、新しいペン先をペン本体に挿入するだけで大変簡単です。

 

 

この値段でペンが2本入っている、そして替え芯みたいなものも6本!!

 

今の所まだAdobeを本気で使わずに無料イラストレータとPixlerでどこまでいけるか試してみようと思っての購入です。

 

f:id:xyzkitazyx:20170115194124j:plain

f:id:xyzkitazyx:20170115194135j:plain

f:id:xyzkitazyx:20170115194145j:plain

f:id:xyzkitazyx:20170115194203j:plain

 

なぜ、アマゾンで買う?

実はMEKOの前にヨドバシカメラなど探していましたがなかなかいいのが見つかりませんでした。

さらに筆者はマイクロニット(ふかふかで沈む)のはあまり好みでなく、実際にペンみたいなタイプを求めていました。

 

そこで見つけたのがこの MEKOでした。

 

実際に絵を描いてみた

自画像 

 

f:id:xyzkitazyx:20170114175239p:plain

これこの前あげたやつですね。

アドビーを使えばレイヤー効果で着せ替えとかもできます。

 

抱負

f:id:xyzkitazyx:20170109215722p:plain

これは以前惰性で書いた2017年抱負の記事での画像でしたが、なぜかはてなのトップ に載りました。

読んでいただいた方本当にありがとうございます。

 

アインシュタイン

 

f:id:xyzkitazyx:20170115193128j:plain

 

これは今後Kitarou GmbHの方で使おうと思っている画像です。

実際にてないですが、それっぽさは出せているのではないでしょうか。

 

届いた・開けてみた

届いた時の画像です。

f:id:xyzkitazyx:20170115194243j:plain

 

f:id:xyzkitazyx:20170115194300j:plain

 

f:id:xyzkitazyx:20170115194312j:plain

f:id:xyzkitazyx:20170115194336j:plain

f:id:xyzkitazyx:20170115194349j:plain

 

 

最後に

過去の記事でも言っていたかもしれませんが、ブログを始めるまでは、「絵を描くこと」は美術の成績2〜3をさまよっていた筆者にとっては縁のないことと思ってました。

 

ブログを始めて、自分で絵を描いてらっしゃる方がいるようで勝手ながら紹介させていただきます。

www.kojirasehanako.com

花子さんのブログですが、絵のスタイルがちょっと似ているというか、僕がのほほんとした絵が好きでちょうどイメージに合う見本がちょうど見つかったので参考にさせてもらってます。

*決してパクリではなく勉強させていただいてます。

 

目標はピカソくらい絵心ある絵を描くことです。

(↑適当)

 

以上!

最後に気になる方にリンク貼っときます。

 

 

 

ではでは

 

Kitarou