読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメスパンツァー

若手ゆとり会社員の究極暇雑記

Kitarouの足跡:ドイツを歩く〜ドイツの都市〜





【スポンサーリンク】

ドイツのこと書きますとプロフに書いてるけど、あまりまだ書いてません。

 

Kitarouです。笑

 

本日からちょっと真面目にドイツのことを発信して行こうと思います。

ドイツのあれやこれやを紹介して行こうと思います。

 

ドイツってどんな国?

 実は過去の記事でドイツという国を8個の箇条書きだけで説明してます。笑

 

最初の10〜20行くらいでドイツのイメージが湧きます!(自信作。笑)

それよりリンク記事は下のほうでさらにドイツの環境意識についてディープにまとめてます!

Kitarou GmbH創立企画:ドイツのちょっとディープな話題ご紹介しますPart1 - Mein Pommespanzer

 

有名な町5選

ドイツのことあまり知らない方のために有名な町を5箇所ピックアップしてみます。

各地のことは次回以降の記事でディープに紹介していきます。

 

1) ベルリン

 f:id:xyzkitazyx:20161215005647j:plain

知らない人はほとんどいないと思います。

ドイツの首都であり世界的にも有名な町であります。

 

ベルリンといえば!?

  1. 森鴎外舞姫でも有名なブランデンブルク門
  2. 第二次大戦とその後のドイツ史を、かたるベルリンの壁
  3. ドイツ政治を動かす国会議事堂

 

などが、観光場所として有名です。

 

2) ミュンヘン

 

f:id:xyzkitazyx:20161215005713j:plain

日本人が持つビールやソーセージの文化といえばココ!

他にもサッカーチームのバイエルンミュンヘンやなども有名です。

 

ミュンヘンといえば!?

  1. HBやPaulanerなどの定番ドイツビールのふるさと!
  2. ワールドカップ優勝に導いた代表選手の多くを有すバイエルンミュンヘン
  3. 駅を出ると目の前にでっかい市庁舎、マリエン広場!
  4. 世界的に有名な車メーカーBMWの本社!
  5. ヨーロッパ最大級の公園、イングリッシュガーデン
  6. 世界中から飲んべえがあつまる祭り、オクトーバーフェスト

 

筆者お気に入りのミュンヘンは何回行っても飽きないでしょう。ここだけ5つ箇条書きであげさせていただきます。

 

3) フランクフルト

 

f:id:xyzkitazyx:20161215005729j:plain

 

ヨーロッパ経済の中心地、ココがヨーロッパ景気を左右すると言っても過言ではありません。

 

フランクフルトといえば?

  1. ヨーロッパ経済を動かすユーロバンクそびえ立つ!
  2. ファウスト」などで有名なゲーテ(ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ)の故郷!
  3. 長谷部誠要するアイントラハト・フランクフルトの本拠地!

 

など、観光としては特出してあげられる有名どころはありませんが、コアなドイツファンにはもちろん数多くの観光名所を秘めている。

 

4) ハンブルク

f:id:xyzkitazyx:20161215005815j:plain

ドイツで第2の都市といわれているが、ハンブルクはベルリンに次ぎ一つの街が州をなしているほど規模の大きい街である。

 

ハンブルクといえば!?

  1. ハンザ同盟の中心地:中世来ドイツの貿易圏を築きあげた街でも主要都市
  2. 日本の船もよく停まる国際河川エルベ川沿いにある。
  3. ビートルズのデビューに切り離せない、でも夜の町としても有名、レーパーバーン

 実は筆者が留学時代このハンブルクで過ごしました。なのでハンブルク事情もディープに語りだしたら止まらないので今回は導入のみで紹介させていただきます。

 

5) ライプチヒ

 

 

f:id:xyzkitazyx:20161215005833j:plain

東ドイツといえばこの町です。ドレスデンもいい町ですが筆者の独断と偏見(笑)から5番目にライプチヒを選ばせていただきました。

 

ライプチヒといえば!?

  1. ニーチェやバッハなど著名人を多く輩出したライプチヒ大学は健在。
  2. かの有名なフランスのナポレオンが諸国民の戦いで歴史的敗退を記す。
  3. 旧東ドイツの町並みが多く残っている。

筆者がライプチヒを推す理由は3番の町並みですね。ちょっとしたドイツファンや歴史ファンにはライプチヒといえばまだ初心者〜中級者レベルかもしれません。

しかしその知名度と街の大きさは未だ乖離があり、賑やかな一方、どこか落ち着いている感じがする。

 

感想

筆者の独断ベスト5ですがこれは序章で、次回から順番に上記した都市をもうちょっと深く紹介していきたいと思います。

その後は観光スポットシリーズとちょっとずつドイツといえばKitarouと言われるようなブログを目指してまいります!

 

もしかすると面白いドイツ語シリーズとか語学に興味ある方の記事も挟んで行くかもしれません。

 

もしドイツについて知りたいこと、関心あることなどございましたらコメントいただければ幸いです。

 

ではみなさん、

 

またまた

 

Kitarou