仕事&ライフハック

【ヤマダ電機:抽選販売】チラシの激安抽選販売に来てみた!

たまにチャレンジが大好きです。でも大抵失敗して拗ねてしまいますKitarouです。
皆さんいきなり質問ですが、ヤマダ電気のチラシを見たことあるでしょうか。僕は安い買い物が大好きなので、穴があくほどチラシには目を凝らします。実際穴は空きません。

よくヤマダ電機には土日限定で数量限定の格安商品がございます。それもよく見ると抽選販売と書かれております。朝からせっかく早く来て並んだと思ったら先着ではなくここからまた抽選がはじまるのです。
今回は僕が以前参加した実体験を紹&今後挑戦したい方へのアドバイスを紹介していきます。

初の抽選販売

目的の商品は?

目的はASUSのノートPC。非常に安かったので評判など気にしません。(実際すごく良かった)
6年前に買ったSonyのカメ遅いWindows7よりはマシだろうと思い踏み切りました。
他にもAppleの製品などが安く販売されいます。
*結局買えなかったのでAmazonで一番やすかったASUS買いました。

何時に行けばいい?

これは特に決まっていませんが、池袋なら開店9時の2時間前、つまり7時までは店の前にたむろすることは禁じられてます。そのため挑戦者たちは早く来ても7時までは辺りをウロウロしています。
「待っている」と見なされてはいけないのでちょっと遠くから眺めたりしている。そして時間になると一斉に皆が入り口の前から並び始めすぐにそれは先の見えない行列になります。

次のリンクにも困難極める体験談が書いてありました。
nihonissyuu-sedori.com

www.i5ch.com

抽選販売の参加条件として、並んだ時にもらえる番号が書いてある整理券が必要です。
上記リンクは参考意見ですが都内、都心だと7時までにこないと抽選の整理券すらもらえません。

落とし穴

もし今後挑戦したい方がいれば、これだけご留意してほしい。
なんと行列に並ぶと、周りからは「ヴォーシーハンニョ ウンレ オルahrg%nfd…..中国三國史好焼美味」などと中国語しか聞こえません。
そう、中国人のバイヤー方が組織をなして買い占めようとしているのです。
おそらくは転売目的ですね。

実際に最近では新しいMacbookやiPhone、さらにはNintendo Switchの品薄状態を狙って転売で稼ごうとする人が増えています。メルカリを見るとその実態がわかります。
わかりやすい例で行くと、ヨドバシカメラの福袋が当日にメルカリ等のフリマアプリで販売されています。

しかし中国人がたくさんいることって抽選とはあまり関係ありません。
なぜなら、一人で来ても大勢で来ても買えるのは決まった人数だからです。
あとは欲しくない物のために友人を朝早く起こして連れ回そうとするほど物欲もないのです。
でも相手の人数が多いと当たる確率はやはり下がりますよね。

抽選券の配布

僕は自由が丘のヤマダ電機に行きました。小さいからか、品揃えが微妙だったのか開店10時の15分くらい前に来ても列はそれ程でした。10分ほど前から店員が抽選券を配り始めます。
どうやら商品ごとに抽選券が分かれているらしい。

店員
店員
何にしますか?
客A
客A
iPadで

・・・

店員
店員
何にします?
客B
客B
ノートパソコンで

。。。。というふうに並んでいるお客さんに一枚ずつ整理券を配布していきます。
そして僕のところへ。そのとき初めて気づきましたが各抽選券に番号が振られています。
そのときアイパッドは8番、ノートパソコンは29番の番号が書かれてあります。

なるほど、これまで客が何をどれだけ選んだかカウントされてるわけか。
一瞬目的に反しアイパッドに手を伸べそうになったが、本末転倒なのでちゃんとノートパソコンの券をもらいました。

店員
店員
何にします?
僕
えーっと、ノートパソコンで
店員
店員
はいどうぞー

愛想なく券を渡され店員は次の客へいきます。接待命のヤマダもここでは余裕がないようでした。笑

sponsored link

抽選開始

来て15分くらいですがやっと始まりました。前から並んでいる人たち大変だなと思いました。(ほとんど中国の方でした。)

黄色いはっぴを着た店員さんが、大きな声で始めました。

しかも外です。真冬の中、売る側も買う側もめちゃくちゃ寒いです。

はっぴ店員「ではこれから抽選を始めま〜〜〜〜す、まずはアイパッドから〜〜〜〜」

そして、その場でアシスタント店員が紙箱から券を出します。なんともアナログ。

アシスタント「8番、8番でスーーーー」

中国人A「イエい!granbfja:mr3h42io$2

最初の「イエい」だけ聞こえて周りの仲間とハイタッチをして購入権をもらってました。すごく中国語なまりの「いえい」でした。笑

はっぴ店員「次行きます!」

アシスタント「33番、33番の方〜〜〜〜」

中国人B「ふっ、ブッ フォー

という感じでほとんどの当選者は中国の方でした。もちろん抽選自体は公正に行われていたはずなので何かズルがあったとかはないと思います。

感想

いやもう感想ではなく心の中は乾燥です。

おそらく今後はもう行かないと思います。

Amazonさんのタイムセールで十分です。

あとヤマダさんで買うとしても、ケチな僕は必ず値引きをお願いします。

税込みで価格.COMの最安値いかないと基本買いません。笑

挑戦したい方へのアドバイス

ということで今後挑戦したい方へのアドバイスはコレだ!

  1. 都内なら開店2時間前、自由が丘、大井町など小さいところは30分くらい前でも大丈夫。
  2. 中国のバイヤー軍団がいるので外国人慣れしてない方は少し気を張らなければならないかもしれません。
  3. 本気で買いたいなら朝から付き合ってくれる友人をできるだけ連れていく。(もし買えたら後でマック奢ってもまだ安いくらい破格なんである意味いいかも)
  4. 18歳未満は挑戦できません。店側の規定みたい。
  5. 確率論はわかりませんが番号は連番よりばらけた方が当たるんじゃない?くらいの感覚でグループで行く方は並ぶ順番も少し意識してもいいかも

いかがでしょうか。もしこの方法で成功された方などいらっしゃいましたらご連絡いただけると嬉しいです。

念のため

僕は中国の方を否定的には思っておりません。もし転売目的でそれが違法なことであればもちろん然るべきところで罰せられる必要はあるかもしれません。

飽くまで個人的な目的のためなら軍団でも勝ちに来ることは本気で欲しいと思っている気力の表れと思います。もし軍団というところに僻みを感じるならご自身も軍団で向かえばいいのです!

上記のリンクでは中国人の方が列を誘導しているとまでありましたが、それで不公平が生じるなら店側の責任かもしれませんね。

店側には公平な抽選をやってもらうために整列等の秩序も管理してほしいところです。

でも「いいものを安く」、これは消費者の深層心理です。

まずは自身で納得出来る買い物方法を見つけるところから始めてもいいかもしれませんね。

以下の記事ではその1つとして家電屋さんでの値引き交渉の記録を残してます。

最近流行りの「Surface」を頑張って、キーボード付きで14万円で買ったときの話などをしてます。良かったらご参考いただければ幸いです。

<↓↓New!2017/11/10>

家電量販店での奮闘記です!

参考記事も読む

おまけ(おすすめ記事)

ヤマダ電機ユーザーだけに留まらず、最近はAmazonでの買い物にこってり浸っています。

もし興味ございましたら次の記事もご一読いただければ嬉しいです。

<Amazonプライムの本当に良いところ悪いところ>

www.mein-pompan.com

<Fireタブレットがアツい!Amazon最も高まる買い物!>

www.mein-pompan.com

<Dellの21.5インチモニター!狭い場所に最適で作業も捗る!!>

www.mein-pompan.com

このサイトでの今までの商品レビューまとめ:

商品レビュー カテゴリーの記事一覧 – ポメスパンツァー

sponsored linK