ポメスパンツァー

ガジェット / メンズコスメ / 若手社会人の悩み / ライフハックなどをお届けするブログ


【スポンサーリンク】

ゆるぽな日記:たまにはのんびり日記風な記事も


【スポンサーリンク】

どもども、ブログの編集にKnock out くらいそうなKitarouでございます。

いや既にサンドバッグ状態です。。笑

HTMLやCSSといった初心者には古代楔形文字を見ているかのような永遠の課題のスパイラルにはまっているようです。

 なので勉強不足の筆者はしばらく、コピペ一発のコードを使わせていただく方向で進めていきます。(お前サボったなて思った方、認めます、、拙者には少しまだ早い世界でした笑)

しかし、プログラミング初心者の方にコードを用意してくださっているブロガーさんたち、

 

あなたは神ですか??

 

何も前準備をしていないまま文句を言うのは良くないので、プログラミングをいろんなサイトやYoutubeを見ながら少しづつではありますが勉強してました。しかし、やはりオンライン暦3週間程度の筆者にはまだ足元にも及ばない、いや、足の指先にも触れられませんでした、、、、

 

ではでは今回勝手ながら使わしていただいたリンクを書き掲載させていただきます。

www.ituore.com

 

こちらでは筆者が大いに悩んだ、ソーシャルパーツていういわばはてブやFBへのシェアボタンのことです。

shunさんというブロガーさんですがお世話になりました。

 

ちょっと話題を変えますがやはりProに登録したためにこうして本格的にブログ活動ができているわけですが、はてなブログのブロガーさんたちの傾向は以下のものと思います。

 

Proにしてからできること

  1. 独自ドメインの取得
  2. ブログ、デザインの編集(←筆者は今この段階)
  3. 他のブロガーさんとの交流、グループの加入
  4. Adsenseで収益化

1.については先日の記事でも述べた通りいくつかプロセスを踏まなければならず最初難を示す方のためにと記事を書きました。よろしければ参考にしていただきたく。

独自ドメインだとブログをブランディング、つまり(マックとかSonyみたいに名前で訴えかけることができるんですね)

2.ブログのデザインをすることで、テンプレから一工夫加えるだけで私のあなたのオリジナルが作れるわけです。(筆者は今回ある意味コピーもしております)

3.これが筆者はある意味、ブログの醍醐味だと思います。同じ志であったり、共通の見解、また正反対の意見を持つもの同士でもコミュニケーションを築く環境がある。これはオンラインやオフラインといったもの関係なく、意見を発信できるということ、それ自体は非常に重要だと思います。

4.これはどのブロガーさんも目指したいと思う、いわば定番の目標ですよね。筆者も世間から認められるようなブログに育て上げることができたら挑戦したいと思います。

 

まとめ

初心者やまだ知識の浅い方に向けてブログ運営のあれやこれやを紹介いただいてりうブロガーさん方、本当にありがとうございます。確かに集客率を集めるという意味ではブログ運営のイロハを掲載するのは効率的です。

しかし、初心者にも門が開かれているということも事実であり、これはブログ社会がある意味下を育てていくという非常に良くできた構造だと思います。本人の努力次第で結果が付いてくるようなこのシステムを筆者は否定はできません。

 

そもそも筆者は以前もブログやホームページをやっていました。しかし続くことがなくやめてしまうことが2回、3回。

理由は、

  • 炎上が怖い
  • 見られたくない人に見られるかもしれない
  • あまり考えがない
  • 考えがあっても意見を文書にすることが面倒くさい

というものでした。しかし筆者個人の場合、SNSにガンガン投稿していたのです。つまり発信をするということ自体は自分は好きなのです。

それを一工夫加えてブログというツールに切り替えることはそれほど大きな壁はありませんでした。

筆者はこうして意見を発信できる環境があることは重要だと思います、何もないよりよっぽどマシだと思います。なので編集用のコードなどを記載いただいてりるブロガーさんたち、ブログ運営のノウハウを伝授いただいているブロガーさんたち、本当にありがとうございます。

 

近年Youtuberという職業が姿を現したりと、職業選択の自由は以前より広くなったのではないでしょうか。やりたいことで生計を立てるということが昔よりは可能性が高くなっているのではないでしょうか。

会社勤めを否定なんて絶対できません、福利厚生、終身雇用、不利もがあれ有利なこともあるのです。

性格上、筆者は極論や批判は得意ではありません。平和主義のゆとりと言われるかもしれませんが、それが自分の性格だと自負できるであればそれを貫くこともいいことです。

 

誰かが困った時にふと役に立つ記事、そんな文書やアイディアを意識して今後も私見を貫いたブログを書いていきたいと思います。

 

少し真面目に書きすぎましたが、見ていただいた方ありがとうございます。

 

ではでは

 

Kitarou

 

f:id:xyzkitazyx:20161204190038j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村