読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメスパンツァー

若手ゆとり会社員の究極暇雑記

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix





【スポンサーリンク】

Big bahn Theory

特にNetflixの差し金とかでもなく、たまたま面白いお題と思ったので、乗ってみることにしました。

 

最初に載せたバックバンセオリーですが、年末に友達や家族と笑って過ごすにはベストな海外ドラマだと思います。

 

Big Bahn Theory について

ジャンル:シチュエーション・コメディ

放送時期:2007年

製作局: CBS

出演者:ジョニー・ガレッキ、ジム・パーソンズ、ケイリー・クオコなど

シーズン:アメリカではシーズン10が放送中のようです。

 

 

その他:下記公式サイト参照

ビッグバン★セオリー|ワーナー海外ドラマ 公式サイト

 

 

ストーリー

アメリカのカリフォルニア工科大学の物理学者レナードとシェルドン二人はルームシェアをしていた。ある日、隣部屋に普段の生活では絶対に喋る機会は無いであろうブロンド美女のペニーが引っ越してくる。レナードは引っ越してきたペニーとどうにかして仲良くなろうとするがうまくいったりいかなかったり。

またシェルドンは非常に頑固な性格からレナードやペニーを困らせることが度々。

そんな中色んな仲間とともに面白おかしく、またハプニングを犯したりと非常に笑いの要素がふんだんに詰まった内容となっています。

 

なぜ年末に薦めるか

日本語で見ても、英語で見ても、ある程度ネタがしっかりモデュール化されているから誰でも簡単に楽しめる、また地元に帰って地元の友達と会うこと、兄弟、姉妹と過ごす時間も長いと思います。ふとテレビや世間話に飽きたら是非、ビッグバンセオリーを見ていただきたいと思います。ガキ使の前や後でもお笑い好きにはたまらない傑作となっています。

 

何が面白いか

  • シェルドンが頑固者である一方、非常に皮肉な部分が多いです。英語で言うと常に Paradoxical or Sarcasmな表現が滲みすぎてもうコップから溢れちゃってます。。。笑
  • またレナードはペニーに片思いの一方、それがいろんなハプニングを巻き起こします。
  • 上記してませんでしたが、他にもインド人やユダヤ系の仲間が居て皆オタクでかつ全員が全力でいじりあっているのがたまりません。
  • 時にはブラックというかボーダーギリの人種的内容のジョークも飛び交います。
  • またスタートレックスターウォーズなどSF系の大スターがゲストで登場したりします。
  • アメリカのような民族や人種が入り混じった社会で上記した人種的内容がむしろアメリカ社会のリアリティを醸し出してる(重要)

 

最後の赤字にした部分がありますが、留学や帰国子女、外国文化に精通されている方はなんとなくフィーリングで理解していただけると思いますが、やはり海外と島国日本では色々良くも悪くも比較できる部分があります。

まずはフラットをルームシェアするような暮らし方はやはり日本ではメジャーではないし、学校に行ってもターバンしてたり、有色肌の同級生はなかなか珍しい方だと思います。(1* 表現が非常にデリケートなためこれでも気分を害される方はすみません、筆者の力量だとこれが限界)(2* 最近はテラスハウスの影響かキッチンとか共有のシェアハウスは非常に人気ですがまだ一部屋をシェアするような暮らし方はマイナーですよね。)

 

結論

ネットフリックス持ってられる方、Huluの方もどちらでも見れるのでぜひお楽しみいただければと思います。アマゾンでDVD購入もできますので興味ございましたら検討してみてもいいかと。

 

 

 

またビッグバンセオリーの名シーンまとめとかしていこうと思います。

 

ではでは

 

Kitarou

f:id:xyzkitazyx:20161128224636p:plain

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験